花の言霊

〜花の庵〜

初秋の色    〜エノコロソウ〜



秋の気配濃厚になってきたこちらの地方。
毎日午後になると雨が降り、朝など肌寒さを感じる。
山並みを背景にエノコロソウが秋を醸し出していた。
野草を生ける管理人には花材としてとても素敵な植物なのである。




 

この記事が心にとまったらポチッとね。
出来たら両方お願いします(笑)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

 


スミレの名前はここで調べてね。

 

実り    〜ヤイトバナ〜



さな農園の隣の大きな畑に何年ぶりになるのか稲が植えられていた。
それまで休耕田でお蕎麦が中途半端に植えられたり、草はらになったり・・・・・

広い土地をもったいないといつも思っていた。
久方ぶりに実りの秋を迎えているのを見るのはいいものだ。
その道路の両端には獣除けの柵がある。
そこに愛らしい花をつけてヘクソカズラと呼ばれる、管理人の中ではヤイトバナが咲いている。
花自体はとても可愛く、臭いのためにかわいそうな名をつけられてしまった。




こちらの地方は冷夏だった。
昨夜は30センチほど網戸にして寝ていると夜中に寒くて戸を閉めに起きた。
被害こそ出なかったが雨が続き日照時間が極端に少ない。
お米も実がいっていないそうだ。
野菜も高騰してきた。西の野菜は特に・・・・

さな農園も秋冬野菜に切り替える支度を急いでいる。
秋が早いために早い時期の植え付けが必要と判断しているからだ。

キャベツ、セロリ、大根、白菜、ニンジン、春菊、小松菜、レタス、サニーレタスの秋採りの種や苗をようやく植えた。
ホッと一息。
冬物は叔父が耕運機を入れてくれてから・・・・・・相変わらず人の手犬の足、この頃は孫の手まで借りて(爆笑)
家人は仕事前の1時間ほど草刈りをしてくれる。
大雨が降り続き、見違えるほど????大草になったさな農園(泣)

 

この記事が心にとまったらポチッとね。
出来たら両方お願いします(笑)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

 

 

スミレの名前はここで調べてね。

浜辺の花   〜ハマサオトメカズラ〜



ヘクソカズラの海岸版である。

花も野のものと同じだが、葉が肉厚でてかりがある。
野のものはヘクソカズラと名が付いているが、浜のこれはハマサオトメカズラと優雅な名が付いている。








しかし毎日のようによく降る。
一日のどこかの時間帯で雨が降っている。集中豪雨のこともある。
こんなよく降る、日照時間の少ない8月は物心ついてから(爆笑)覚えがない。


広島は死者がだんだん増えてくる。
悲しいことが起きたものだ。
まだ数日降るであろう雨でこれ以上被害が出ないことを祈るばかりだが。

 

この記事が心にとまったらポチッとね。
出来たら両方お願いします(笑)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

 


スミレの名前はここで調べてね。

 

青い空との共演    〜ネコノシタ〜



この花の盛りも時期的にはもう少し前。
咲き残りの花が浜辺を少々賑わしていた。

ネコノシタは,海岸の砂地に茎を這わせる多年草。
葉の表面がざらざらしているのでその質感を猫の舌にたとえてこの名があるとか。
青い空との共演だった。





海岸植物は低い姿勢で過酷な条件から生き残っている。

しかしそれにしてもよく降る。
こんな8月はあまり経験がない。
秋冬物野菜を種をまいたり、苗を移植したりしなければならないが
雨でなかなか進まない。

 

この記事が心にとまったらポチッとね。
出来たら両方お願いします(笑)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

 


スミレの名前はここで調べてね。

 

終焉の花   〜ハマゴウ〜




嵐の後の浜辺にハマゴウが咲き残っていた。
今年は盛りの頃を見ることがなかった。

いつもは歩きにくい砂浜が雨にぬれているためかほんの少し歩きやすい。




この浜へと続くアプローチには無数に鹿の足跡があった。
そこかしこの地域で鹿の食害が起きているとか。
仲間が7月に長野へニッコウキスゲの群生を見に行ったが鹿の食害で
昔の面影もなかったのだとか。
手立てはないのか・・・・・・・







 

この記事が心にとまったらポチッとね。
出来たら両方お願いします(笑)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

 

 

スミレの名前はここで調べてね。