花の言霊

〜花の庵〜
<< 生き生きと    〜タチツボスミレ〜 | main |

お知らせ

お久しぶりです。花の庵@娘(東京)あらため @娘(同居)です。

 

すでに、ご存知の方もおられることと思いますが、管理人である、母さなえは

3月12日に亡くなりました。

 

サイト設立から様々な方に出会い、お世話になり、本当にありがとうございました。

なかなか個別にご連絡させていただくこともできずにおり、申し訳ありませんが、

こちらにて、お詫びと改めてお礼を申し上げます。

 

3年前、急性骨髄性白血病と診断を受け、つらかったであろう抗がん剤の治療を幾度と経験し、

最後は安らかに天国へと旅立ちました。

 

先月末49日が無事に終わりました。

3年間を振り返り、少し気持ちの整理をするのに、そのことを書きたいなという思いもあるのですが、

そこまではまだ気持ちがおいついていないので、今は割愛させていただきます。

 

2月初旬に、入院中の病院から呼び出しがあり、血液中のがん細胞の増加が始まったので

次に病院から連絡があったときはその時が来たのだと思ってくださいと、医者から告げられました。

 

再々発をした去年の年末から、その時は、そう遠からずくると思っていたけれど、

この時が来てしまったのか、という気持ちでした。

 

お医者様から、本人が希望するなら、外泊許可はいくらでもだしますから、家に帰らせてあげてくださいね、

と言われていたので、亡くなる2週間前にも、一度、家に帰らせてやることもできました。

 

しんどそうではありましたが、確定申告もしたり、自分で遺影を選んだり!

何から何まで自分のことをちゃちゃっとやっていってくれた母でした。

 

亡くなる前日まで、細々とですが会話もでき、自分の口で食べ物を食べることもできていました。

 

12日の朝、いつものように電話をかけると、出なかったこともあり、今日はしんどくて出れないのかな、

今日は見舞いに行く予定はないけど、覗きに行くか、と病院へ向かいました。

 

少し息があがって、意識はなく呼びかけにも答えなかったので、もう一度家に帰って父を連れてきてやらんとあかんなと、

帰宅する途中、もうすぐ家につくというころ、病院から電話があり、父とちょうど幼稚園の帰宅時間の息子をつれて、再度病院に向かいました。

 

病院へ着いたときにはすでに息を引き取っていました。

私が帰ってしばらくしてからだったようで、慌てて車で事故らんように気をつかったんかしら(片道1時間かかるので)、最期まで、気いつかいの人やなー、なんて勝手に思っています。

 

亡くなったことは、悲しく、寂しいです。

 

庭の花をみて、これなんて名前やっけと振り向いても、その人はおらず。

畑の野菜が育ち始め、「どう、うちもなかなか上手に育てれるようになったやろ」と自慢したら、「まだまだやで、あんた」と言っているのかなぁなんて一人で思うと、寂しいです。

 

けれど、母は、よく戦ったので、本当にすごくつらかったはずなのに、それでも頑張ってここまで生きてくれたので、

笑顔で日々を過ごしていきたいと思うのです。

 

3月6日に、姉の第2子が生まれ、テレビ電話で孫の顔を見ながら「私の仕事はこれでもう終わったわ、悔いはないわ」と言った母。

 

本当はもっとやりたかったこともあったかもしれないし、病気のことだって悔しかったかもしれない。

けれど、悔いはない、といった人のことを思うなら、ずっとクヨクヨしていたらいけないと思うので、

「母はよく頑張ったよね。すごいよね」って褒めまくって、笑顔でいようと思うのです。

 

このサイトで出会った沢山の方々に、母に代わりお礼を申し上げます。

悲しいと思ってくださるかた、寂しいと思ってくださる方、いらっしゃると思いますが、

母はよく戦って生きたので、どうか笑顔で「よく頑張った」って褒めてやってくれると、ありがたいです。

 

乱文で読みにくいと思いますが、取り急ぎご連絡まで。

サイトの今後のことなどは、まだ考えておりませんが、もう少し色々落ち着けば、こちらでもまたご連絡させていただくことと思います。

 

ありがとうございました。

 

花の庵@娘(同居)

この記事に対するコメント

花の庵@娘(同居)さんへ。

先日は失礼しました。そして、有難うございました。

さなえさんも天国で沢山のお花に囲まれて、皆さまを見守っておられると思います。

さなえさん、よく頑張りましたね。
かげろう | 2018/05/11 12:39 PM
お悔やみ申し上げます。

私がホームページをやっていた頃、ほんの少しのご縁で交流させていただいておりました。
年末から更新されていなかったので、心配しておりました。
さなえさんのお写真は私のお手本であり、癒しでもありました。

きっとあちらでもお花に囲まれてお過ごしだと思います。

長い闘病お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
えこ | 2018/05/12 10:23 PM
お悔やみ申し上げます。

数年前に偶然お便りを差し上げ
快くご返事をいただき、山野草の
種類、撮影方法等教えていただき
ありがとうございますと思うばかりです。
心に残っています。
シルベスターU | 2018/05/15 8:50 PM
さな様  お疲れ様でした

色々お勉強させていただき有り難う御座いました
寂しいです  悲しいです
でも あちらでご活躍でしょうから
その折は又よろしくお願いいたします
ごくらく鳥花 | 2018/05/16 9:46 AM
さなえちゃん

沢山お世話になり、沢山教えて頂き有難うございました。
貴女の生け花を拝見し 眼から鱗の思いでお電話したのがご縁の始まりでした。

時々HPを拝見し 色々思い出が蘇ります。
流石見事!!  さなえちゃんの 生き方をお手本に私も毎日を過ごします。
気丈なお嬢さんのお声を聴くと、私も頑張らなくては・・・ 声がまだ耳に残っています。
又ご縁を頂ける日まで
有難うございました。
aturin88 | 2018/05/17 1:59 PM
訃報を知り、大変驚いています。
今年こそは、今年こそはと、もう一度お会いしたいと思っていたので、尚更です。
そうですね。前回お会いしたのは2011年ですから、もう7年も経ってしまったのですね。
今でも、初めてお会いした時の穏やかな人柄が忘れられません。
できれば、春にご一緒した道を、当時を思い出しながら歩いてみたいと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
t-yam1@東京 | 2018/05/20 8:57 PM
(*_ _)人 合掌

花の庵@娘(同居)さんへ。
お疲れさまでした。
アライグマ | 2018/05/21 9:02 AM
さなえさん

楽しい思い出有難うございました。
「紡ぐ輪」では拙い写真に、沢山の詩をつけて頂き、送っていただいた写真集は時々開いています。
3年前、お邪魔して案内して頂いたときの写真は宝物です。
安らかにお眠りください。
やまそだち | 2018/05/21 8:18 PM
さなえさん 訃報を知り、
大変驚いております。
3年前、やまそだちさん、家内共々お邪魔してご案内して頂いた 花々、お姿は、
まだ瞼に焼き付いて居ります。
長い闘病お疲れさまでした。
安らかにお眠りくださいませ、
ご冥福をお祈り申し上げます。
まさ | 2018/05/22 9:32 PM
さなえさん、去年の暮、電話で話したお声は、
いつもと変わらない明るさでした。
「元気ですよ」をそのまま信じましたが、
本当に気丈なお方だったんですね。
私はいろいろ教えていただいたのに、
少しも写真が上達せず、申し訳ありませんでした。
天国でまたお会いした時は、また教えてくださいね。
心よりご冥福をお祈りもうしあげます。
リサ・ママ | 2018/05/25 11:02 PM
ここ数年音信不通でしたが久しぶりこのブログをみ驚きました。お会いしたことはありませんが何回もメールでやり取りし、花苗を送っていただいたこともあります。本当に残念です。私の先祖は宮津本荘家の家臣で曽祖父までの位牌は金屋谷妙照寺に安置されております。
本当にお世話になった事お礼申し上げ、お悔やみ申し上げます。
山崎喜雅 | 2018/06/16 11:05 PM
花の庵@娘(同居)さま。
掲示板の方がかなりスパムで埋まっております。
お知らせまで。m(_ _)m
アライグマ | 2018/06/20 2:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tamayura.hananoiori.pinoko.jp/trackback/1633
この記事に対するトラックバック